「少年に魚をあげても、明日はまたお腹が減ります。 彼に釣り方を教えるなら、彼は毎日食べ物を手に入れるでしょう。」

Anon

ベツサイダ財団:1989年、インド、ケララ州出身であるバーナーディンM.ルイス神父は、ベツサイダと呼ばれる修道院跡の敷地に孤児院を設立しました。 彼の甥であるフレデリク・トーマスとともに、彼はベツサイダプロジェクトの創設者でありリーダーです。

ベツサイダは、すべての宗派の人々に必要としているサポートをする独立したセンターです。 現地の言語や状況に精通しているインドの専門家が独自に運営しています。

フレデリクの家族の財政的支援と世界中からの寄付により、以下のプロジェクトが近年実現されました。

  • 1000人以上の子供と若者のための総合学校を備えた2つの大きな孤児院の建設
  • 周辺の漁村の子供たちのための英語のレッスンを備えた公立混合日学校の開校
  • 若い女性と男性のための職業訓練場の創設
  • 地域の52の漁村のための教育と健康プログラム
  • 歯科を含む病院
  • 貧しい老人のための2日間介護センターの建設と老人ホームの建設
  • 尊厳のある葬儀への財政援助
  • コンビニの開店
  • 独自のアーユルヴェーダセンターを備えた、環境に配慮したホテルのオープン。

ドイツ語でのさらに詳しい情報

http://www.freundschaftmitindien.ch and http://www.freundschaft-mit-indien.de

Translate »